Asayake Film

群馬の日々を写真で綴ります

振り返り

旬とか季節感というものは、写真でも大切だと思う。桜、海、紅葉、雪、そういうのがブログやSNSで流れ出すタイミングかある。でも、写真には「見返す」という役割があると思うので、夏に冬の写真を見るのも乙なもんですよ。 以前住んでいた場所での散歩コー…

まま

いままで息子は僕のことを「ママ」と呼んでいた。どうやら妻以外に信頼のおける人のことは彼の中でみんなママだ。それが5月の頭くらいから僕のことを「おっとー」と呼んでくれるようになった。 最近は僕のカップや服を指して「おっとーも(の)」と言っている…

Taue2019

2019年 田植え。先日完了しました。いつまで続けられるかなぁ。田植えって水を入れる関係で、だいたい同じタイミングで隣近所も植える。そうなると自然と田植えの時期は田んぼが賑やかになる。周りを見渡すと若い人か全然いない。たぶん上は80代で下が33歳の…

写真の出番

12月か1月の写真だと思う。引越しから3ヶ月が経過したけど、すでにこの写真の部屋が懐かしい。御覧の通り、散らかっていて生活感満載で恥ずかしいけど、それも含めて写真に撮っておこうと思った。息子が生まれてからの1年と少し、その間はこのアパートの…

薫風

5月は新緑の季節。緑と風が気持ちいい。季節が移り変わる時期は世の中の光がきれいだ。冬好きの僕も少し心がゆらぐほど。 妻は新芽が芽吹く季節が一番すきだそうで「キリンが美味しそうに食べてくれそうな緑がいいよね」と言っていた。妻の名言集に連ねたい…

悪癖

20時近くになると息子を寝付かせるため妻と3人で寝室に向かう。たまに、僕も子守歌で寝付かせられてしまう事があるけど、今夜は持ちこたえた。妻と息子の寝息が聞こえる部屋を抜け出し、音が出ないよう家事を済ませた。たまたま机の上に保育園で使ってい…

ライオンとぼくの親心

息子はどうやら動物が好きみたいだ。実家の犬や猫を大変気に入っているようで、「わんわんニャー」と言いながら僕の手を引き、度々実家に上がり込んでは犬と猫を撫でている。正確に言うと、僕や妻に撫でさせている。自分で撫でなくともそれで満足な様子。そ…

令和へ

この子たちが笑顔で暮らしていけますように、と願わずにはいられない。 そして平成、いい時代だったと思う。ほぼ平成しか生きていないから他の時代の事は言えないけど、とりあえず今 幸せなのでよかったと思う。令和はどうなんだろう。いい時代になるといい…

レモンとシチリアレモン

Lightroom現像のお供にyoutubeで音楽を漁っていたらいい感じのアコギのインストを見つけました。そのアーティスとの方のチャンネルに飛ぶと投稿動画の中に『米津玄師のLemon』があったので聴いてみることにしました。演奏がとにかくうまい。音と一緒に情緒が…

IDとPASSWORD

何か新しいサービスを利用するとき最近はIDとパスワードの登録が必須になってきています。ついウッカリ両方とも忘れてしまったりして。それが今夜10時半の出来事。IDとパスの再発行は入力項目が多いし発行まで数日かかるというので自力でひねり出す方針で…

普通の日

引越し、保育園入園、妻の仕事復帰、息子のウイルス感染からの家族内感染。そして再び息子ウイルス感染からの家族内感染。ようやく僕も妻も復調の兆し。この2か月間がとんでもなく濃厚だった。ふつうの毎日が愛おしいったらありません。普通という言葉を聞…

五里霧中

Zenza Bronica S2 + Zenzanon 100mm F2.8 もう去年のことですが、友人と志賀高原を抜けて長野へ行ってきました。写真は渋峠(付近)での一枚。見晴らし抜群の予定でしたが霧が立ち込めていました。友人たちはちょっと残念がっていましたが、僕としては写真的に…

親父道

旅行先での一コマ。息子は雪が不思議なようで窓の外をじっと眺めていました。色々なものに興味があって、わからなければ触れてみるってスタンスのようです。その姿勢は見習いたいな。大人になってはみたものの、知らないことのほうが多い。カッコつけて知っ…

ランウェイの外

先月から休みが来るたびにカメラを持ち出しています。最近なんだか楽しいの僕自身が気持ちいいリズムで撮れてるからなのかなと思います。カメラは持ち出さないとですね。そういえばここ1年ほど、ブロニカで風景やスナップって撮ってなかったんですが、実家の…

2019年の抱負を

明けましておめでとうございます。年始早々に引いたおみくじが大吉で気分がいいです。更に妻が買ってきた占い本によると2019年は僕を中心に世界が回るみたいな事が書いてありました。世が世なら天下取れるかも知れません。 天下取る前に今年の抱負書いておこ…

からっ風スナップ

息子と2人で公園へ。写真は秋口に撮ったものだから半袖だけど、この日ははダウンを着せないと寒くてしょうがない。吹き抜ける風がいっそう乾いてきて、いよいよ からっ風の季節がはじまった。 息子の足取りも随分しっかりしてきたので、平らな場所なら少し離…

文は人なり

職場で編纂される冊子の寄稿文に「文は人なり」の言葉とそれにまつわる事が書かれていた。文章には人の性質、気遣い、受けた教育など自分というものが投影される。自分の分身である文章が他人を傷つけてしまう事があるなら、それは恥ずべきことだ。 文で誰か…

包丁と人

お義父さんの還暦岩祝いに包丁を贈ることになった。自ら魚を捌いて酒の肴をこしらえるのが大好きで、包丁研ぎも好きとのこと。加えて還暦の祝いともなれば特別な一振りがいいだろうということで、包丁について調べることになった。包丁は素材、作り方等の組…

厄日

チャイルドシートを平日は妻の車、土日は僕の車につけて出かけている。お察しの通り、僕はチャイルドシートを妻の車に移すことを忘れ、そのまま出勤。僕は職場からとんぼ返りしてチャイルドシートの付け替えに一度自宅へ。なにやってんだか。そして仕事に戻…

D610

時折、D610がレンズを認識しない時がありました。春先からその症状が出ていて、だましだまし使っていたけど秋口から症状が頻発するようになったので受診してきました。 どうやらレンズ接点が汚れていたせいで、レンズを認識出来ない時があったようなんです。…

柿の木

実家の柿が今年も豊作だった。柿の木が二本横並びに植わっていて、隔年ごとに実る木が変わる。「特に手を掛けているわけではない」と書くと少しは世話をしている感じが出るけど「ほったらかし」にしている。 柿は育てやすい果樹なんだろうか。植物のことはま…

秋空

公園にシートを敷いて寝転がった。空が高い。空を撮るとき、こんな風に空だけを撮った事なんていつぶりだろう。空を撮るときは雲や街のシルエット、遠くの山を引き合いに出しがちだ。 体勢を変えれば秋の日差し。敷いていたシートが少し小さくて僕ははみ出て…

いざ

息子との風呂タイム。夏頃から入浴中の水分補給も兼ねてコップで飲む練習を続けていました。僕ら大人は意識せずともコップから飲む事ができるけど、1歳児にとっては複雑な作業のようです。カップを持つ、傾ける、口を付ける、飲み込む。コップで飲む事は文字…

子供時代

子供の視点からは学ぶことが多い。ついね、子供扱いしてしまうけど、1人の人として話した方がお互い本音で分かりあえたりして。子供の頃、僕も大人に子供扱いされてもどかしい気持ちになったりしたんだよなぁ。そんな事を今になって思い出す。

赤城の山

後輩の結婚式用の写真を撮りに赤城山に行ってきた。今回の写真はそのオフショット的なもの。赤城山のてっぺんにある大沼、その周辺をぶらついた。 写真の下部の変なボケは僕の指。カメラを縦に構えた時に、人差し指をレンズフードに掛けるクセがあるようです…

時をこえる

蔦が絡まる白い壁。 この写真を見ていたら、ちあきなおみの喝采が頭の中で流れてきました。 他の曲は聞いたことないんですが、喝采が好きでカラオケでも歌ったりします。そうすると「時代が違うぞー」なんてお決まりのヤジが飛んだりするんですけど、時代を…

多重専属契約

友人のマタニティフォトを撮ってきた。以前は結婚式の前撮りをお願いされる事が多かったけど、家族ごとに暮らしの形が変化しつつあるんだなぁ。 ここの赤ちゃんも先日元気に生まれたという報告を受けて一安心。出産祝いを何にしようか迷っていたけど、2人目…

部屋を撮ること

子どもがいると、部屋はどうしても「子ども仕様」になる。角は丸く、開く場所は閉じ、危険なものは上へ。手の届くところにオムツ、手口拭き、おしり拭き。そして部屋の至るところにオモチャ。 割と部屋の中で撮るのが好きな方なんですけど、こう、なんて言う…

夕暮れのエクター

Ektarの微粒子感が好きです。陰影の部分に表れるビロードのような艶っぽい質感を見るとプリントならまだしも、モニター越しでも触りたくなります。秋の夕暮れなんて、エクターにぴったりだ。

楽しんだもん勝ち

友人が音楽活動を再開すると嬉しそうに言っていた。音楽活動と言ってもそれで食べてるわけではないけれど、彼女にとって音楽は趣味より更に大きな範囲のものなんだろうなぁ。