Asayake Film

群馬の日々を写真で綴ります

Nikon New FM2

ドリップ

最近いわゆる家ドリップを再開させました。淹れ方はネットや雑誌から得た情報の寄せ集めなので本当に正しいのかは分かりませんが、それでも自分で淹れるとやっぱり美味しく感じますね。面倒ではあるんですけど、そこが好きだったりするんです。

フィルムを装填し終わり、ふと前を見ると郵便屋さんがやって来ました。フィルムを送っていたら間に合わない気がしたので、感光しているのを覚悟で寄せて撮ったら上手いこと写っていました。この時はずいぶん頭が冴えていました。今おなじ状況になってもフィ…

祈り

三峯神社が出産前の最後の遠出だった気がします。色々な所で安産祈願をし過ぎてもなんだかよくないかなぁと思っていたのですが、いざ手を合わせると「無事生まれてきますように、母子ともに健康ですごせますように」と祈っていました。他力本願というのも恰…

朝の気

三峯神社の随身門を抜けると石塔と木立が並ぶ小道に出ました。この辺りから少し空気がひんやりとしていた気がします。 神社の静けさを肌で感じるには、ひと気が少ない午前中が一番ですね。お昼をまたぐと急に観光地のような雰囲気に変わってしまいます。何事…

三峯神社

三峯神社に行ってきました。境内は聞きしに勝る素晴らしさですが、僕はこの鳥居が結構すきです。行った時季も良かったんだと思います。緑と白のコントラストがいいですね。白地に金の装飾もなんだか荘厳な印象を受けます。 この鳥居、よく見かけるものと形が…

うつろい

緑の時季にここを撮るのは初めてでした。日の光に透ける葉っぱの色はやっぱり気持ちがいいもんです。だいぶ気温も上がって散歩にもってこいって陽気になりました。当然暖かくなれば花粉も舞い始めますけど、負けずに撮り歩いていきたいですね。

主題の行方

撮ったときは木陰に惹かれてシャッターを切ったのだと思うのですが、写真を眺めているうちに余白の部分に惹かれるものがありました。 下に降りて、上の写真で言う所の余白の場所から木陰を写す。なんかポッカリとした雰囲気の写真が撮れました。散歩の雰囲気…

前橋さんぽ

人が通るのを待っていたけど、待ちきれずシャッター押しました。木陰が この公園にやってきたのは、確か休日の9時頃だったと思う。久しぶりにFM2をお供にしました。 少し移動して再び人が通るの待っていると、待望の通行人が。20mmレンズで撮ったので思った…

育つ人

今朝コンビニに寄った時のこと。僕の前に3、4歳くらいの男の子とお母さんがレジに並んでいた。その親子の会計の番になると、男の子が「これください」と言いながら商品をレジの台に置いた。こういう所なんだろうな、と朝から気付かされた。きっとお母さんが…

赤城の青

日の出前の赤城山で撮った写真。立ち込んだ霧がいい雰囲気を演出してくれた。たまたま好条件が揃ったんだと思う。次にこの天候にお目にかかれるのはいつになるだろう。 こういう青い色がまた撮れたらいいんだけどな。

しあわせ

この写真を眺めていたら、なんとなくアンパンマンマーチが頭の中で流れました。 大事なことは難しく考えずシンプルに行くんがいいですね。写真もまた、撮りたいものをまっすぐに。

好きなことを続ける体力

15年間 好きなことに挑戦している友人。「好きなことなら続けて当たり前じゃん」と思っていた時期があったけど、実際はそんな優しいもんじゃないんですよね。たぶん血反吐でるくらいだと思います。 好きを続ける体力というか、胆力というか。そういう力って…

光の具合

ほったて小屋の中で見つけたもの。壊れてしまった窓からいい光が入っていた。どちらかというと今までは少し陰の部分がしっとり締まってる写りが好きなもんで、アンダー気味に撮ることが多かったんだけど、この写真の時は思い切って明るめに撮ってみた。人か…

はんぶんこ

シェアって流行ってるんですかね。家とか車とか。僕んちの方はトラクターをシェアしてるんですよ。農家もトレンドには敏感ってなわけではなく、結構むかしから農機具なんかは共同で持ってる。うちもコンバインは裏の家と共同で持ってた気がする。「シェア」…

立夏の頃

いつもの散歩コース。やっぱり緑がある場所はいいなぁ。上の写真は使われなくなった牛舎に生い茂る藤。たぶん藤の花は勝手に生い茂ったものだろうけど、自然に生えっぱなしの所がいいな。 これは仔牛用の柵だったかな。僕が小さきとき、ここに仔牛が繋がれて…

トルトラナイ

「なにも旅先で撮らなくても」 窓の外の葉によって緑色に照らされていた。いい光だ。だけど決して落ち着く場所じゃない。 葉のピクセル。画素数とdpi。調べては忘れ、聞かれては調べを繰り返す。 射し込む木洩れ日。木洩れ日ばっかり撮ってる。日差しと緑が…

おかげ横丁

おはらい町に隣接したエリア。飲食店からお土産屋など様々な店が軒を連ねる。こうした賑わいの中にいると財布のひもが緩みます。 木漏れ日を追いかけてきたら、そこには焼きチーズタルトの看板が。食べない選択肢はありません。今回もすぐに食べてしまったの…

おはらい町の景色

おはらい町の朝は心地良い静けさがあった。開店前のため、パラパラと内宮への参拝客が店先を歩くくらいだけれど、なんとなく昼の賑わいを想像できる佇まいだ。 新しそうな店舗がいくつかあったけど、街の雰囲気を壊すことなく上手く溶け込んでいた。景観条例…

朝の赤福本店

目の前には新緑と五十鈴川。手元には赤福餅。贅沢な朝だ。食い気が先行し、新緑と五十鈴川を撮り忘れる失態。 食い気にフォーカス。 店内と店先の雰囲気ももっと撮っておけば良かった。食い物が目の前にあると、もうそれに意識を全て持っていかれてしまうの…

朝のおはらい町

内宮へ向かう前におはらい町を散策した。通りの中心へと進んでいくと、前からスーツ姿の一団がやってきた。休日の朝にスーツの団体さんなんてなんだろうと思い、彼らが入っていく敷地を見ると神宮道場という看板がかかっていた。調べてみると神宮が管理して…

伊勢の旅 伊勢神宮 外宮編

伊勢神宮が外宮と内宮、そしていくつかの別宮・分社から成るものだと知ったのは、今回の伊勢旅行が決まってからのこと。なんとも恥ずかしい話だ。そして、正面に構える大きな鳥居を撮り忘れるとは恥の上塗り…くやしすぎる。…きっとここには撮ることを忘れさ…

伊勢の旅 二見興玉神社編

4月下旬、お伊勢参りに行ってきた。お伊勢参り(お蔭詣り)が大ブームとなった江戸時代、旅ができない人の代参として犬や馬もお参りをしたいうから人々の伊勢神宮へ懸ける熱がすごい。群馬からも代参として犬がお詣りに向かったという記録が残っているから驚き…

花芥

桜の穴場スポットからの帰り道にあった公民館。思わず車を停め、カメラと外に出る。提灯が吊るされているところ見ると、ここで地域の花見が催される予定なんだろう。しばらく桜を眺めていると近くから子供たちの甲高い声とバーベキューのいい匂いが漂ってき…

海とロマン

三月の新潟、日本海。景色が少し霞んで見えるのは風に巻き上げられた波飛沫のせいなんだろうか。群馬だったら、からっ風が砂を巻き上げてもう少し景色が茶色い気がする。 夏になれば海水浴場として賑わうんだろうか。波打ち際をキャッキャするには早過ぎたよ…

暮らしの跡

僕が中学に上がるまで、家族4世代で暮らしていた家。この写真に写っているのは、ひいばあちゃんの部屋だった場所。初ひ孫(そう呼ぶのか知らないが)だったのでだいぶ可愛がってくれた。この部屋に行くには この廊下を通らなくちゃならなくて、小さい時はここ…

伊香保ノスタルジア

路地のその先で見つけた景色。この辺りは観光客の姿はほとんどなく、ホテルや飲食店の従業員や配達の車が行き交うくらいだった。あえてそういうエリアに来たので寂しくなんてない。 光の当たり方、影の落ち方に惹かれてシャッターを切る。 生活の気配がわず…

湯煙スナップ

amuroikimasuさんの記事に触発されて伊香保の写真を撮ってきた。 amuroikimasu.hatenablog.com現像に出すのが一周遅れて少し季節外れの写真となってしまった。 3月上旬ということで、ひな祭りをやっていた。どうりで人出が多いわけだと思ったのけど、もしか…

旅とメシと写真

鬼怒川からの帰りに日光にあるこちらのカフェに立ち寄りました。レトロな家具で統一された店内。凄くいい雰囲気でした。なんて言うんでしょう、いい感じに力が抜けてるというか、塾れてるというか…とにかく居心地よかったです。 僕なんかがレトロな家具を揃…

旅の空

鬼怒川温泉に浸かりに行ってきました。隣県という近場でしたがいい旅でした。 「いい旅だった」 この感情を持ち帰る事が一番の土産です。 自分が暮らしている土地から遠く離れ、文化や風土の違いに触れ、僕たちは旅を楽しみます。日常から解放され旅先は楽し…

写真を思う

昨年末くらいから、好きだと思える写真を撮れていませんでした。気分転換に、普段はやらない街中スナップや地元の名所の撮影に出掛けてみたけれど、撮れた写真を見ても心から好きだと思える光景が撮れていない。こうなっては何をしていいのか検討がつきませ…