Asayake Film

群馬の日々を写真で綴ります

写真で感動したこと― Bronica S2 ファーストロール

f:id:NR03:20170607073024j:plain
6月6日は6×6の日だからブロニカで撮ったファーストロールの写真をアップしようと思っていたのに気が付けば6×7の日も過ぎてしまい今日は6×9の日です。6×9判もいつかはお目にかかりたい。とりあえず6×6の日は過ぎてしまったけど、66記念ということでブロニカのファーストロールをアップします。遡ること4年前、2013年初夏の記録。

f:id:NR03:20170607073350j:plain
最初のブロニカ写真。しっとりしていて綺麗だなぁというのが第一印象。ブローニー自体が初めてだったので写真の綺麗さに驚いた。しっとり柔らかい写りはフィルムらしいけど、粒状感が目立たず滑らかな写りはフィルムっぽくないなぁと感じました。と言うのもブロニカで撮るまでは、「フィルム=粒状感」みたいな印象があったので、フィルムなのにこんな滑らかに写るのかぁと写真を見て感動しましたね。

f:id:NR03:20170607073540j:plain

はじめてのウエストレベルファインダーは像が左右逆転していることに驚き、水平をとることの難しさ知る。いまだに水平をとることには悪戦苦闘しているわけです。そしてはじめての単体露出計も使い出すわけなんですが、これを機にちゃんと光の具合を見ようという気になりました。露出計の値段がブロニカより高かったことも忘れられない思い出。ブロニカが破格だったという事もあるけれど、露出計というのは結構なお値段するものです。ちなみにスタデラではなくツインメイトの方です。

f:id:NR03:20170609202136j:plain

一枚目と同じ構図でもうもう一枚。もしかしたら露出ミスったかなと思い、シャッタースピードを変えて撮ったもの。確かにこっちの方が一枚目より光の具合が自分の好み。一回で撮れたらいいのになかなかどうしてって感じです。

f:id:NR03:20170607074156j:plain

葉脈と陽射しが好き。この写真もやっぱり感動した記憶があります。この頃から道端の草なんかにも興味をもちはじめた。レンズはNikkor-P.C 75mm F2.8 が付いていました。コーティングの有無でまた違いはあるらしいけれど、これが標準レンズとされてるものらしい。50cmくらい寄って撮れたはず。

f:id:NR03:20170607075633j:plain

f:id:NR03:20170607075707j:plain

葉の緑がきれい。トタンとのコントラストがいい。植物が人工物を圧倒するさまって好きだ。真四角のフォーマットに戸惑いつつも楽しんでいる。

 

f:id:NR03:20170607075747j:plain
ブロニカ初のポートレートは僕の小さき親友。君の瞳にピントを合わせたはずなのに、キョウリュウゴールドにピンが来てしまっている。

f:id:NR03:20170607080246j:plain
あくまで個人的な感想だけれど、アイレベルで構えるよりウエストレベルで構えて撮る方が、被写体になる人を身構えさせてない印象があるんです。ふだん家族や友人の写真を撮っていて、アイレベルだと「撮られてる感」が強いようだ。一方のウエストレベルだと、ビデオを回されてるような感じがするらしくあまり気構えないとのこと。仰々しく感じるかと思いきや、ウエルカムな感じが強い。向こうから撮ってと声を掛けてくれる事もあるので人が集まる時にはブロニカははずせない。

 

 

f:id:NR03:20170607080326j:plain
真四角で日の丸構図、大好きです。地面がボケてその先の被写体が浮かび上がるような構図、よく撮ってる気がする。

f:id:NR03:20170607080345j:plain
何撮りたいかよく分からない写真だけど、ブロニカは地面スレスレのローアングルで構えるのがとても楽しい。ローアングルでも寝そべらずに撮れるのは嬉しいところ。暗くて三脚必要なときでも、地面に直置きでなんとかなる。

f:id:NR03:20170607080406j:plain
ローアングルで愛犬を。動物とローアングルは相性いい気がする。床すれすれで構えるとちょうどこいつの目線とピッタリの高さ。シャッター音でいつも驚かせてしまうけど、いつも撮らせてもらっている。と書きつつカメラ目線でない写真を載せてしまう。

f:id:NR03:20170607080425j:plain

そして最後の一枚。これがファーストロールの中で一番すきな写真です。ファーストロールという括りではなくブロニカで撮った中でもかなり気に入ってる一枚。少し湿度を感じさせるような雰囲気を持ちつつ澄んだ描写と言うんでしょうか。この表現であってるか分かりませんが、何が好きって見た瞬間、感動したから好きなんだと思う。

かさばるし、重たいので携帯性なんて度外視。けれど、今まで色々なシーンを撮ってきた中で、感動した写真はいつもブロニカで撮ったものだった。だからいつもブロニカを提げて出掛けたくなるし、きっといい写真が撮れるんじゃないかっていう期待を持たせてくれる。その期待に自分自身で応えらるようデカいシャッター音を響かせながらこれからもブロニカで撮っていきたい。