Asayake Film

群馬の日々を写真で綴ります

ベストな休み


f:id:NR03:20210304232111j:image

この前息子と夕焼けを眺めていたら、そのきれいさに感動しました。日の傾きで少しずつ変わっていく影や光の射し方、遠くに聞こえる国道を走る車の音。自分たちの周りをゆっくりと時間が流れて行くのがわかりました。

こういう休日がいいんだよなぁ。

撮りこぼすことなかれ


f:id:NR03:20210217115534j:image

赤いトラクターが土ぼこりを上げながら畑を疾走していた。もっと寄りたかったけれど、地形的にこの場所が一番近くから、この構図で捉えりる場所のようだった。

写真だとトラクターの赤い色は分からないけど、フィルムが感光して赤いアクセントが入ったので気に入ってる。

この日は、役所に行く予定だけだったけどカメラを持ってきてよかった。撮りこぼすことなかれ。

価値観


f:id:NR03:20210209003558j:image

おもちゃ屋のレジ横にあるセール品のカゴに入っていたものです。一目惚れしてジィジに買ってもらって、今度は色違いを百均で発見して買ってきた。もっとこう、せっかくだからグレード上のやつ買っちゃう?という誘いも頑として受け入れず、これが欲しいと譲らない。いいね、その一本気。

大好きで風呂にも布団にも一緒に入る。値段じゃないんだろうなぁ。


f:id:NR03:20210209004926j:image

子どもには新品でいいやつ買ってやろって気持ちがあったけれど、それって親の考えであって子どもの意見を聞いてないんじゃないかと気づいた。息子は新品だろうがお下がりや中古だろうが気に入ったものがいいんだよね。僕なんて自分が生まれる前のカメラを好きで使ってるわけだから。


f:id:NR03:20210209005039j:image

新品で流行りのものを気に入ったら、それはそれでいいよね(笑)

あの日の朝焼け

 

nr-photo.hatenablog.jp

 この日に見た朝焼けの写真です。

f:id:NR03:20210205002034j:plain

絶景にはかなわないけれど、安心感と心の底から好きだと言える朝の景色は、やっぱりここからの眺めだ。そして冬に見る朝焼けが何よりも好きだ。寒さと暗闇に熱と光が染み渡るようにぐぐーっと影を伸ばしていく。

f:id:NR03:20210205002156j:plain

電線にぶら下がる星。朝焼けを撮りにいくとこの星が出ていることが多い。明けの明星?あの星の名前はなんていうんだろう。次に見上げた時には空が白んで消えていた。

イズムはあるか01


f:id:NR03:20210204233204j:plain

 

nr-photo.hatenablog.jp

 実家で見つけたIZM220にフィルムを装填して撮り始めました。装填したのはPORTRA400。両親が僕ら兄弟を撮っていたカメラで、今度は息子と娘を撮る。もうこの事実だけでなんだか心にぐっとくる。

f:id:NR03:20210204234612j:plain

ファーストショットは、両親と息子の後ろ姿。IZMもまさかこんな日が来るとは思っていなかっただろうな。

f:id:NR03:20210204233937j:plain

f:id:NR03:20210205001722j:plain

f:id:NR03:20210204234015j:plain

f:id:NR03:20210204234042j:plain

息子が来ているとこの服。30年前に僕が来ていたものらしい。よく取っておいたね、と母に言うと「奥にしまって整理しないまま忘れてたのがよかったのかもね」と言っていた。ねぇお母さん、いつの日か生まれてくるかもしれない孫に着せようと思って取っておいてくれたんでしょ。途方もないけど、なんてあったかい心だよ。かなわないなぁ。なんだか心に染みるものがある。


f:id:NR03:20210204234143j:plain

f:id:NR03:20210204234244j:plain

f:id:NR03:20210204234308j:plain

かわいい。

f:id:NR03:20210205000523j:plain

撮りたいと思った瞬間(光景)をそのままタイムラグなく写せている気がする。ふだんブロニカを使っているから余計そう感じるのかも知れない。予測不能なお子様がいるご家庭はオートフォーカスフィルムカメラがあるとより楽しいと思う。AF機があるからブロニカやFM2みたいな撮り方がさらに楽しくなる。

 

f:id:NR03:20210205001213j:plain

f:id:NR03:20210205001246j:plain

f:id:NR03:20210205000241j:plain

IZM220 とても気に入りました。
なんてったってイズムがあるし、愛もある。

 

 

 

臨む

f:id:NR03:20210112224921j:image

連休は精神的にリフレッシュするけど、肉体的には疲労困憊です。息子よ、君スタミナあり過ぎじゃない?そんなスタミナマンが遠くを見つめボーっとしていたので一枚頂きました。自転車に乗ってるところをすばしっこくてブロニカで撮ることは諦めていたけれど、それでも念のために持ってきておいてよかった。

打席に立つ、ピッチを走る。野球もサッカーも出場しないことには出番が回ってこない。それと同じで写真の場合、写真を撮るためのいくつかの条件のうちの一つがカメラを持ち歩いているという事なのかもしれない。

うつろい

f:id:NR03:20210115000137j:plain

f:id:NR03:20210115000221j:plain

いつも当てているプリセットをほんのちょびっといじってみたら、最近の好みに近づいた気がする。食だけじゃなくて写真も好みがある。その変化は年齢だったり、環境だったりすると思うけれど、自分の中の変化にいち早く気づいてその変化に自分で追いつけるようにありたいなぁなんてことを思う。