Asayake Film

群馬の日々を写真で綴ります

夜風と小まめ

f:id:NR03:20180812231047j:plain

昨日 職場を出たときに風が涼しいことに気づきました。こんな気持ちのいい夕方は久しぶりですよ。家に帰って南北の窓を開ければ気持ちのいい風が家の中を抜けていきます。エアコンのフィルター掃除をするには今しかないと思い、ダラダラしたかったけど頑張りましたよ。やっぱり小まめに色々やっていくのがいいですよね。大量に汚れを溜め込んでからだと更に大変でしょうしね。

小まめ って字面は軽いけど、志しを強く持たないといけないものだなぁと感じた風がよく吹く夏の夜。

1/1000秒が追い付けぬその日まで

f:id:NR03:20180814124858j:image

先日、息子が1歳になりました。

この1年あっという間だったけど、長くもあり濃くも感じる時間でした。ただただ、元気に育ってくれて嬉しいです。「無病息災、家内安全」という願掛けは、願い事の中ではシンプルなものように感じていたんですけど、シンプル イズベストですね。至上の願掛けだな、と感じます。

 

もう君の動きを1/30秒じゃ止められないようです。1/1000秒でも止められなくなるその日まで、ブロニカで君を撮り続けたい。

 

梅と心

f:id:NR03:20180812225454j:plain

妻の実家にて。
美味しそうに梅干しが撮れました。僕はそんなに梅干しが得意な方じゃないんですけど、いい感じに撮れたと思います。
この梅を漬けたお義母さんも梅が得意ではないとのこと。薬だと思って食べているのだとか。ただ、好きじゃないからと言って真心を込めてないってわけじゃないんですよね。

 

たそがれ

f:id:NR03:20180714212119j:image

18時前の河川敷。ずいぶん日が長くなりました。ついこの間までは既に日の入りの時間だったのに今じゃまだまだ活動時間です。

たそがれどきは昼と夜が入り混じります。人の暮らしも同じように仕事の人、帰る人、色々な生活模様がこの時間帯に見られる気がします。人の心情までも色んな思いがにじみ出ておセンチになったりするものです。

避暑地

f:id:NR03:20180723124154j:image

この土日で妻の実家に泊まってきました。同じ県内でここまで違うかってくらい涼しかったです。僕が住んでる場所との気温差が10度くらいとのことで、そりゃ涼しいわけです。エアコンなし。扇風機と麦茶があればOK。暑さにも趣きを感じます。

夜は少し肌寒いくらい。息子も起きる回数が普段より少なかった気がします。布団が気持ちいいと感じる気温も久しぶりだなぁ。

また泊まりにきない、と言う親父さんの言葉につい甘えたくなる2018、酷夏。

 

「こども」の引力

f:id:NR03:20180708120621j:plain

f:id:NR03:20180708120647j:plain

子どもの写真を現像している時、「こども」というイメージについ引っ張られてしまうことがある。こどもは  明るい・元気・楽しい ・無邪気 などのイメージのかたまりだ。ついそういうイメージがよぎるけど、それを僕が好きかというとそうじゃない。写真はちょっとしっとりした陰があるくらいがいい。実家のアルバムのページをめくった時のような感覚を写真からもにじませたい。

三カ年計画

f:id:NR03:20180710124536j:image
f:id:NR03:20180710124542j:image
f:id:NR03:20180710124531j:image
f:id:NR03:20180710124554j:image
f:id:NR03:20180710124548j:image
f:id:NR03:20180710124601j:image

出会って10年くらい経ち、それぞれ結婚したり子どもが生まれたりで、みんな大人になりました。ここ最近はのんびり写真撮り行こうって事はなかったけどそれは寂しいなぁと思っていた。

このままじゃ何だかもったいないし、せっかく共通の趣味があるんだから、それで面白いことしたい。ただ仕事も家庭も色々あるから皆に無理なく計画しようってことで3年かけて写真で何かカタチにしようと提案してみた。どうのるかわからないけど、こここら3年間は楽しいことが続いていくはずだ。