Asayake Film

群馬の日々を写真で綴ります

優しさ

最近よくこのポーズをするなぁと思っていたんだけど、どうやらこれはカメラを構えているポーズらしい。写真を撮ることが彼の生活の中にもちゃんと存在しているんだなぁ。なんだか嬉しい。

 

大きくなったらきっと映るのが嫌な時期があると思うんだけど、それまでは撮らせて欲しいなぁという親のエゴ。彼のお友達よりきっと写真は多いはずだ。それがいいか悪いかは別として、将来幼少期の写真が必要になったとき選べる写真の幅が広がるよ。

僕自身、両親が撮ってくれた家族写真の大切さと優しさに気づいたのは自分が結婚したタイミングだった。両親が何を意図して撮ったのかは分からないし、シンプルに家族写真を残そうって気持ちだけだったかもしれない。でも、残そうと思って、現実に残っている素晴らしさを今になって感じている。

写真は目の前の光景を撮ると同時に撮影者の眼差しでもあると思う。そう気づいてから見返す家族写真は何よりも優しいと思う。そして子供に対して優しくありたい。